トップ / インプラントで噛むこと

インプラントで噛むこと

噛めるインプラント

インプラントで違和感のない歯

インプラント治療であれば従来までの入れ歯やブリッジの治療のときとは異なり、他の健康的な歯を削らないで治療が行えるメリットがあります。インプラントが顎の骨としっかりと結合させる治療法になりますので、噛むことが可能となって他の歯に偏ってかかってしまう負担を軽減させることができます。違和感のない自然な噛み心地を取り戻すことが可能な施術方法で、手術を行ってから人工歯が入るまでは2か月から6か月ほどの治療期間が必要になります。また、顎の骨の状態や様々な理由によって手術ができない患者の方もいます。

マット

インプラント治療が可能な歯科

インプラント治療を行っている歯科医院では、ひとりひとりに適した治療が行えるように長期的な視野を持って口腔内で機能させることができるような施術を行っています。治療を受けた後においても定期的なメンテナンスを行うことで、しっかりとした管理をしています。近年のインプラント治療では、CT撮影が必須のものとなっており、手術時間の短縮や患者の身体の負担を軽減させて治療が行えるようになっています。患者の安全性に考慮した治療が行われており、最先端の医療機器を導入して治療が受けられる歯科医院も増加しています。

↑PAGE TOP

© Copyright 生活の中での時間短縮について. All rights reserved.